Team

Our Team

Back to Team

Dr. Kumutha Priya

アソシエイト
種苗代理人

錫産業で知られているペラ州イポーの出身です。トゥンク•アブドゥル•ラーマン大学(UTAR)の生物医学部を優等学位で卒業したのち、国内トップのマラヤ大学にて遺伝・分子生物学の博士号を取得しました。

研究分野はバクテリアのクオラムセンシングです。研究プロジェクトにおいて、マレーシア特有の植物又はその植物由来の合成化合物がバクテリアのクオラムセンシングにどういった影響を与えるのかを調査していました。彼女は自身の研究内容をさらに高度化させ、次世代シーケンシングを用いてバクテリアの定数感知機能を調べたり、RNAシーケンシングテクノロジーによる遺伝子転写アプローチを用いた遺伝子発現レベルでのバクテリア生理機能の調査を行ったりしていました。

彼女はこの研究成果を様々な場で発表し、複数の雑誌でも取り上げられました。まだ査読待ちの論文もいくつかありますが、今までにメディア掲載されたものは以下の通りです。

【執筆論文】

  1. Chan K, Priya K, Chang C, Abdul Rahman, AY, Tee KK, Yin W. (2016). Transcriptome analysis of Pseudomonas aeruginosa PAO1 grown at both body and elevated temperatures. PeerJ 4: e2223. https://doi.org/10.7717/peerj.2223
  2. Chan KG, Joanita S, Delicia AY, Tee KK, Yin WF, Priya K. (2015). Draft Genome Perspective of Staphylococcus saprophyticus Strain SU8, an N¬-Acyl Homoserine Lactone-Degrading Bacterium. Genome Announcement. doi: 10.1128/genomeA.01097-15
  3. Chan KG, Yin WF, Tee KK, Chang CY, Priya K. (2015). Pandoraea sp. Strain E26: Discovery of Its Quorum-Sensing Properties via Whole-Genome Sequence Analysis. Genome Announcement. doi: 10.1128/genomeA.00565-15
  4. Priya K, Yin WF, Chan KG. (2013). Anti-Quorum Sensing Activity of the Traditional Chinese Herb, Phyllanthus amarus. Sensors. 13, 14558-14569.

博士課程の在学中にマラヤ大学の研究機関である耐衝撃性実験施設にてアシスタントとして働いていたこともあります。ここで最先端かつハイエンドな研究技術・研究施設に触れられたことが彼女にとって非常に良い経験となりました。

数年にわたって研究を進めるうち、知的財産分野へ強く興味を持つこととなったため、転身を決意しました。向上心が強く、目標に向かってひたむきに努力を重ねるタイプの人間です。何事にも情熱を持って取り組むことができます。

彼女は自然が大好きで、アウトドアをこよなく愛しています。よくハイキングやジャングルトレッキングへ出かけます。他にも読書をしたり、友人とおしゃべりしたりして休日を過ごしています。

流暢な英語、マレー語、タミル語を話します。中国語の基礎会話も話すことができます。